このサイトのまとめはこちらしんしゅつがたかれいおうはんせいの臨床研究

この臨床研究は、眼科疾患の一つ、「滲出型(しんしゅつがた)加齢黄斑変性」を対象に、 iPS 細胞 から作製した網膜色素上皮( RPE )シートを移植することにより、視機能を維持、改善する新たな治療法の開発を目指すものです。

最新のお知らせ

  • 2013年8月9日
    臨床研究特設ホームページを開設しました。